Holistic Body Care

BLOG

2018.09.11トレーニングのポイント

腹筋すると腰がいたくなるけど、お腹を引っ込めたい方へ

こんにちは!

神戸市東灘区住吉御影の整体&パーソナルトレーニングスタジオ

ホリスティックボディケアの川西です。

 

今日は、「お腹を引っ込めようと腹筋をされてる方へ」、

【腹筋運動ですぐに効果を出すための超重要ポイント】を大公開いたします。

整体的な考えから導き出した、運動理論です。

 



まず、腹筋されているみなさんから、よくいただく相談ですが、腹筋すると「腰が痛い」というもの。

よくある、「腹筋をしていて腰が痛い」という状況ですが、何故起こるのかわかりますか?

 

簡単に説明すると、腹筋が全く収縮していないのに、腹筋運動をしてしまっているからです。

 

初心者の方がよくされる、クランチといわれる足を引っ掛けて起き上がる腹筋運動なんかでは、脚の筋肉を使って起きあがるため、より腹筋が強くないと、腰が反ってしまい腰に緊張を作ってしまいます。

なので、あれはじつは上級者向けの腹筋運動なんですね。

 

初心者さん向けの腹筋運動は起き上がらずに、起きたところからゆっくり倒れるようにしてあげるといいです。

その例がこちらの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=Fbzgg5btYpA

ホリスティックボディケアのYouTubeチャンネル。

 

見た目は難しそうですが、テコと重心移動によって、腹筋に自然と収縮が起こるようにデザインされています。

オリジナルなので名前なんかはないですが、初心者の方にはおススメです。

 

これでまず腹筋が収縮する感覚をつかんでから、クランチなどに移行するといいです。

 

あと、もう腰痛などがガチガチに固まっていたり、股関節が動かなくなっている方も腹筋運動はできなくなってしまいます。そのような場合には脊柱の可動制限を先に取り除くような運動やストレッチ、ときには矯正なんかも必要な場合があります。



腹筋が上手くできない、腰が痛くなってしまうといった方の参考になればうれしいです(*^-^*)

では、皆さんもトレーニング頑張ってくださいね(^<^)

 
Holistic Body Care